音楽教室ルナーレ池袋のバイオリンレッスン


☆バイオリンってどんな楽器?


バイオリンは弦楽器の中で1番高い音が出ます。木の箱に弦が4本張ってあり、 弦を指ではじいたり弓で弾いたりして音を出します。 バイオリンの弓は木で出来ており、そこに馬のしっぽの毛を束ねてつけ、弦を擦ることによって美しい音色を奏でます。


☆ルナーレのバイオリン教室


「小さな頃から始めないと難しいのでは?」
と思っている方、

「音が出るか不安・・・」
と心配されている方でも大丈夫です。

ルナーレのバイオリン教室は、初心者の方には基本である楽器の構え方から丁寧に、経験者の方にはより高度なテクニックや音楽表現を深めるためのレッスンをご用意しております。

あなたのライフスタイルに合わせて、初心者の方から経験者の方まで、どなたでも気軽にレッスンを受講することが出来ます。
バイオリンで自分の音楽を表現する楽しみを味わってみませんか?

→ バイオリンの体験レッスン動画

◆楽器を持参できない方にはバイオリンレンタル可能です。ぜひご利用ください。(レッスン時のみは無料。持ち帰りは有料です)

バイオリン講師

守屋真琴
3歳よりヴァイオリンを始める。東邦音楽大学付属高等学校、同大学を経て、同大学大学院修士課程修了。ヴァイオリンを天満敦子、白岩博子、ルネ・シュタール、室内楽を大久保淑人の各氏に師事。在学中、2度に渡るウィーン研修に参加しレッスンを受講する。秩父国際音楽祭のプレコンサートに出演。2010年DJとのソロヴァイオリンでコラボし、六本木ヒルズ森タワーで行われたBlue windy nightに出演。現在アーティストのライブサポート、レコーディング、ドラマのエキストラ演奏、オーケストラ、ライブ等、幅広いジャンルで活躍する傍ら、バイオリン教室にて後進の指導を行っている。
> 講師インタビュー

 

木下るり
桐朋学園芸術短期大学音楽科バイオリンコース卒業。日本大学芸術学部音楽学科に二年次より編入。サマーコンサート出場。定期演奏会に出場。卒業演奏会に出場。第12回長江杯国際音楽コンクールにて第三位を受賞。第25回アジア国際音楽コンサートに出場。第80回読売新人演奏会に出場。

 

梶原圭恵
福岡女学院高等学校音楽科、東京音楽大学卒業。大分県出身。9歳よりヴァイオリンを始め、在学中、ヴァイオリンを山岡耕筰、篠崎功子、室内楽を景山誠治、百武由紀、大野かおる、各氏に師事。ストリングスジャズグループのTurtle Island String Quartetに影響を受け、アメリカにてMarkO'Connor Fiddle Camp、Christian Howes Creative Strings Workshopなどに参加。自身がリーダーを務めるユニットFiddlasstar(フィドラスター)では、ジャズ、オリジナルを中心に各地で演奏活動を行うほか、地域活性のため大分県「慈恩の滝」のイメージソングを作曲、提供するなど幅広く活動している。

 

高木早紀
2歳からピアノ、4歳からヴァイオリンを始める。 国立音楽大学付属高等学校音楽科を経て、東京音楽大学音楽学部卒業。同大学院修了。 在学中、オーディション合格者による演奏会に出演。また、同大学短期留学奨学生として英国王立音楽院で学ぶ。Richard Deakin氏に師事。第6回横浜国際音楽コンクール第二位(第一位なし)。第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会第五位(第一位~第三位なし)。 ヴァイオリンを保井頌子、大谷康子、海野義雄の各氏に、室内楽を横山俊朗、浦川宣也の各氏に師事。
2011年1月、2013年4月、福島市に於いてソロリサイタルを行う。 現在、都内を中心に演奏活動をする傍ら、後進の指導にも力を入れている。日本演奏連盟会員。

 

武市真奈
五歳よりピアノ、十歳よりヴァイオリンを始める。ヴァイオリンを福崎至佐子、西浦弘美、大谷康子、嶋田慶子、海野義雄の各氏に師事。室内楽を荒井英治、齋藤真知亜、百武由紀の各氏に師事。第1回徳島音楽コンクール弦楽器部門高等学校の部銀賞受賞。
2011年かがわジュニア・ニューフィルハーモニック・オーケストラの第10回定期演奏会コンサートミストレスを務める。2007年台湾にて日・台友好演奏会に出演。2012年全日本選抜ユースオーケストラ ウィーン演奏旅行にてチェコ・ヴィルトゥオージ管弦楽団と共に演奏。高松第一高等学校音楽科卒業。現在、東京音楽大学ヴァイオリン科四年次在学中。

 

日下部 葉
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。これまでに掛合洋三、G.フェイギン、の各氏に師事。現在は室内楽、オーケストラ等で活動する傍ら、後進の指導もしている。

 

高橋千夏
群馬県出身。日本大学芸術学部音楽学科バイオリン専攻。これまでにエルンスト・レスター氏、高田久仁子の各氏に師事。現在はソロ、室内楽、オーケストラで活動する傍ら、オーケストラのトレーナーやバイオリン教室にて後進の指導もしている。

 

熊田温子
3歳よりヴァイオリンをはじめる。 現在大谷康子、浦川宜也の各氏に師事。 第1回名古屋アンサンブルフェ スタin 宗次ホール第1位。ベストアンサンブル賞受賞。 名古屋市立菊里高校音楽科、東京音楽大学卒業。

 

金澤彩香
武蔵野音楽大学器楽科卒業。バイオリンを佐々木茂生、斎藤真知亜、ビオラを二宮隆行の各氏に師事。室内楽を西田博、菅原英洋、Z.ティバイの各氏に師事。現在、室内楽、オーケストラで活躍する傍ら、バイオリン教室にて後進の指導もしている。

 

浅尾香容
5歳よりヴァイオリンをはじめ、桐朋学園子供の為の音楽教室でヴァイオリン、ソルフェージュ、オーケストラを学び、オーケストラではヴィオラも担当。東京音楽大学(ヴィオラ)を2008年3月卒業。音楽教室やジュニアオーケストラでの指導のほか、レコーディング、オーケストラ等で活動している。

 

鈴木奈津子
愛知県蒲郡市に生まれ、5歳より大岩紀栄氏のもとでバイオリンを始める。東京音楽大学音楽学部器楽専攻(バイオリン)卒業。第12回“万里の長城杯"国際音楽コンクール第2位。また卒業したのちフランスのfugatoアカデミーなど海外の講習会で研鑽をつむ。現在、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団をはじめとする都内のオーケストラ、室内楽等多方面で活躍中。

 

堀口洋子
神奈川県立弥栄東高等学校普通科音楽コースを経て武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。 これまでにヴァイオリンを乙丸雅美、萩原耕介、掛谷洋三、クルト・グントナーの各氏に、 重奏法をアリサ・ヴァイツネル氏、室内楽をクルト・グントナー氏に師事。2007年、 ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院夏期国際音楽アカデミーに参加し、イゴール・オジム氏の指導を受ける。

 

関口 藍
武蔵野音楽大学器楽科卒業。これまでにヴァイオリンを管原英洋、ヴィオラを木幡静野、室内楽をZ.ティバイ、S.ナジの各氏に師事。現在は室内楽、オーケストラ等で活動する傍ら、バイオリン教室にて後進の指導もしている。

 

北島綾乃
長野県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。NAGANO国際音楽祭参加。国立音楽大学器楽学科卒業。同年,県人会新人演奏会 に出演。第7回大阪国際コンクール入賞。これまでに、根岸きよ子、中澤きみ子、菊池愛、徳永二男の各氏に師事。StringEnsemble奏,woodlandnotesメンバー。現在、室内楽、オーケストラ、レコーディング、音楽教室講師など多方面でフリーで活動中。